NASAの地球観測衛星Terraが撮影したカナダ、ニューファンドランド・ラブラドール州東岸の地表、海氷、雲の3重層です。

Credit: NASA

地表と海氷の沿岸は明確ですが、海氷の東端は渦を巻いており、これは海氷が形成されつつあり、固まっていないために、海流や風などで流されています。その東のクラウドストリート(積雲が道のように連なっている様子)は、西の暖かい地表から海に向かって吹く西風によるものです。海氷とのギャップがあるのは、西風が水蒸気を吸収している場所で、十分に吸収したな水分が冷やされて雲が形成されています。

地上付近からの流氷の様子はこちらです。

Credit: Daniel Schwen, Discover Magazine

参考文献: An Intersection of Land, Ice, Sea, and Clouds
ウェブ地球儀で地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH