アレックス・ゲルスト宇宙飛行士がISSから撮影した西オーストラリアのシャーク湾です。

Credit: Alex Gerst, ESA, NASA

シャーク湾は、オーストラリア・西オーストラリア州の西海岸中央部ガスコイン地域に存在する湾で、1991年からユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されています。湾の浜は、全て5mの厚さの貝殻で埋め尽くされており、湾周囲にはカンガルーやトカゲなど乾燥に適応した動物ばかりで、人間は住みつけませんでした。また、世界最古の生き物の一つである現生のストロマトライトがあります。冬でも水温は20℃以上あり、ジュゴン、ジンベイザメ、ウミガメ、イルカ、オニイトマキエイなどが群生し、インド洋から南極海へ移動するザトウクジラも立ち寄ります。

地上の様子はこちらです。

Credit: Wikipedia

参考文献: Alex Gerst’s Tweet
ウェブ地球儀で地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH