アレックス・ゲルスト宇宙飛行士がISSから撮影したオランダ付近で北海に注ぐライン川です。太陽光が水面に鏡面反射するサングリント(sunglint)と呼ばれる現象により、水の流れがわかりやすくなっています。

Credit: Alex Gerst, ESA, NASA

ライン川は、スイスアルプスのトーマ湖に端を発し、ボーデン湖に入りドイツ・フランスの国境を北に向かいます。ドイツ国内を流れ、ボン、ケルン、デュッセルドルフ、デュースブルクなどを通過しオランダ国内へと入ったあと2分岐し、ワール川とレク川となりロッテルダム付近で北海に注いでいます。画像からわかりますが、北海に注ぐ部分はオランダ付近でかなり複雑になっています。

ロッテルダムの地上の様子はこちらです。

Credit: Wikipedia

参考文献: Alex Gerst’s Tweet
地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH