リッキー・アーノルド宇宙飛行士がISSから撮影したニュージーランド北島と南島の間のクック海峡です。

Credit: Ricky Arnold, NASA

クック海峡はタスマン海と南太平洋をつないでおり、北島側は首都ウェリントンが面しています。最も狭い部分での幅は23kmで、天気が良い日は対岸を見通せます。ヨーロッパ人でこの付近を最初に通過したのはアベル・タスマン(1642年)ですが、彼はこの海峡が湾であると誤認し、海峡とは気づきませんでした。海峡であることを最初に発見したのはその後に通過したジェームズ・クック(1769年)であり、クック海峡の名は彼にちなんで名付けられました。

ウェリントン郊外のカウカウ山から見るクック海峡と南島の様子はこちらです。

Credit: Sanefumi Sammy Shoji

参考文献: Ricky Arnold’s Tweet
地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH