NASAの地球観測衛星Aquaが撮影した東ヨーロッパのカルパティア山脈の秋です。山脈の上部で紅葉が始まりました。

Credit: NASA

カルパティア山脈は主にスロバキア、ポーランド、ウクライナ、ルーマニアと、周辺のチェコ、ハンガリー、セルビアにまたがる、全長約1500kmの山脈です。 スロバキアのブラチスラヴァ付近から北東に延び、東、南東へ向きを変えてルーマニア中部のトランシルヴァニアに達し、さらに西、北へと向きを変えます。最高峰はスロバキアの最高峰ゲルラホフスカ山(2663m)なので、アルプス・ヒマラヤ造山帯に属する新山系でも、アルプス山脈ほど険しくはありません。岩塩、天然ガス、石油、鉄鉱石、貴金属などを産出します。

地上の様子はこちらです。

Credit: Wikipedia

参考文献: Mountains of Fall Color (NASA Earth Observatyory)
地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH