NASAの地球観測衛星Aquaが撮影した、北太平洋の航跡雲です。

Credit: NASA

船舶の航行時に排出される排気ガスの一部、特に硫酸塩粒子は水に溶けやすく、湿った気象条件の海洋上において、この粒子が核となって雲を形成します。中には数百kmにおよぶものもあり、細い方の端はできたばかりで、太く波打っている方の端ほどできてから時間が経っています。

参考文献: Summer Ship Tracks in the Pacific (NASA Earth Observatory)
地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH