オレグ・アルテミエフ宇宙飛行士がISSから撮影した仏領ギアナのギアナ宇宙センターです。

Credit: Oleg Artemyev, Roscosmos

ギアナ宇宙センター同領のクールーにあるフランス国立宇宙センターのロケット発射基地で、主に欧州宇宙機関ESAやアリアンスペースなどが利用しています。基地は赤道の北に約500km、北緯5度3分と低緯度にあり、静止軌道に載せる静止衛星の打ち上げには適した位置にあります。仏領ギアナは、1604年に、フランス王アンリ4世が港を建設し、アマゾンの調査を行って以降、少しずつフランスから入植者が入るようになり、1638年にカイエンヌの町を設立。1664年から本格的な定住が始まりました。今ではギアナ宇宙センター関連の産業がGDPの25%を占め、1,700人を雇用しています。

地上の様子はこちらです。

Credit: Wikipedia

参考文献: Oleg Artemyev’s Tweet
地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH