NASAの地球観測衛星Landsatが撮影したアフリカ南東部のマラウイの首都リロングウェです。

Credit: NASA

マラウイは、アフリカ大地溝帯に位置する内陸国で、東西の幅は90-161km、南北の長さは900kmと南北に細長い形をした国です。国土はほとんど高原上にあり、マラウイ湖が大きな面積を占めます。独立以降、アフリカでは珍しく対外戦争や内戦を経験しておらず“The Warm Heart of Africa”(アフリカの温かい心)という別称を持ちます。

リロングウェの地上の様子はこちらです。

Credit: Wikipedia

参考文献: Lilongwe and Landsat Grew Up Together (NASA Earth Observatory)
地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH