セルゲイ・リャザンスキー宇宙飛行士がISSから撮影したソロモン諸島のブーゲンビル島の火山です。この活火山は1842年から30回以上も噴火しています。

Credit: Sergey Ryazansky, Roscosmos

ソロモン諸島は、南太平洋のメラネシアにある島嶼群、国家です。ただし、地理的にはソロモン諸島に属するブーゲンビル島は、国家の領域的にはパプアニューギニアに属します。自給自足的な経済と貨幣経済が併存している。経済格差が大きく、木材とコプラ、パーム油に鰹と鮪が主要品目です。海面上昇と海水による浸食の脅威に直面しており、第二次世界大戦後から現在までに5つのサンゴ礁の無人島が消失しました。自然環境に依存した生活を営む住民が多いため、気候変動は住民の生活に直接的な影響を与えています。

地上の様子はこちらです。

Credit: George Steinmetz, Oregon State University

参考文献: Sergey Ryazansky’s Tweet
地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH