デービッド・サンジャック宇宙飛行士がISSから撮影したピレネー山脈です。

Credit: David Saint-Jacques, ESA, NASA

ピレネー山脈は、イベリア半島の付け根付近をほぼ東西方向に走る、長さ約430kmの褶曲山脈です。ピレネー山脈は、地質学的にはアルプス山脈よりも古い時代の地層からできています。現在のピレネー山脈の山体を構成する主な岩石は花崗岩であるものの、山脈の西部の周辺部には石灰岩なども見られます。ピレネー西部は1000m級のなだらかな山地であるのに対して、中央部から東部は2000~3000m級の山が多いです。

地上の様子はこちらです。

Credit: Wikipedia

参考文献: David Saint-Jacques’s Tweet
地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH