ShojiSanefumi のすべての投稿

【宇宙からの地球絶景】
No.134: オーストラリアのギブソン砂漠

欧州宇宙機関ESAの地球観測衛星Sentinel-2Aが撮影した、西オーストラリアのギブソン砂漠です(フォールスカラー)。ギブソン砂漠はオーストラリアで5番目に大きい砂漠ですが、砂丘というより、鉄分豊富な赤土に荒野が広がっています。

Credit: ESA
Credit: ESA

1874年、探検中この砂漠の横断を試みていた際に死亡したアルフレッド・ギブソンにちなみ、同じ探検隊で生き残ったアーネスト・ガイルによりつけられました。

ちなみに、1980年代の干ばつで、先住民のピントゥピ族が東方に移住せざるを得なくなり、その際に現代オーストラリア社会と初めて接触したとされています。

荒野の様子はこちらです。

Credit: Wikipedia
Credit: Wikipedia

参考文献: Gibson Desert (ESA)
ウェブ地球儀で地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH

【宇宙からの地球絶景】
No.133: 宇宙からの夜明け

大西宇宙飛行士がISS搭乗中に撮影した、宇宙からの夜明けです。地球と宇宙が両方とも真っ黒で、その間に挟まれた大気層が青白く輝いているのが印象的です。

Credit: Takuya Onishi, JAXA
Credit: Takuya Onishi, JAXA

宇宙ステーションは90分で地球を1周するので、45分毎に日の出と日没が見られます。No.39「地球の夜明け」でも、イギリス人宇宙飛行士Tim Peake宇宙飛行士が撮影した美しい日の出を紹介しています。ぜひご覧ください。

ウェブ地球儀で地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH

【宇宙からの地球絶景】
No.132: イラン・テヘランの大気汚染

NASAの地球観測衛星Aquaが捉えたイランの首都テヘランの深刻な大気汚染です。周囲と明らかに異なる灰色のスモッグが都市を覆っています。11月上旬には、大気汚染が原因で過去1ヶ月間に400人以上が死亡し、11月17日には市全体で学校閉鎖を実施したと報告されています。

Credit: The Iran Project
Credit: NASA

大気汚染の原因は人口増加に起因する自動車の排気ガスに加えて、冬場には周囲の山と暖かい空気が、市内の冷たく汚染された空気を閉じ込める地理的要因によるものです。

市内の大気汚染の様子はこちらです。

Credit: Newsweek
Credit: Newsweek

参考文献: Deadly Smog Shrouds Tehran
ウェブ地球儀で地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH