動画

【宇宙からの地球絶景】【動画】No.428: 宇宙から

ドナルド・ペティ宇宙飛行士がISSに搭乗した際に撮影した画像や動画の数々をまとめたクリップ「宇宙から(From Above)」です。

ペティ氏は化学の専門家で、2002年から2003年にかけて、第6次長期滞在でミッションスペシャリストとしてISSに滞在し、2回の宇宙遊泳を行いました。空いた時間には、”Saturday Morning Science”と呼んでいた一連の講義で、無重力空間で液体はどのように振舞うか等の実験をデモンストレーションしました。

また、同氏はプロのカメラマンですが、ペティはステーションのスペアの部品を使って、地球の表面に対するISSの動きを補正し、軌道上から夜の街の明かりをより高精度で撮影するためのヘイグ式架台を作りました。動画にもそのくだりが述べられています。

同氏のお気に入りは、オーロラや人間活動が顕著な都市の灯などが見える、夜の地球だそうです。

参考文献: From Above – Astronaut Photography with Don Pettit
ウェブ地球儀で地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH

【宇宙からの地球絶景】【動画】No.417: 月の入り

セルゲイ・リャザンスキー宇宙飛行士がISSから撮影した月の入りです。地球の青い大気層の向こう側に月が沈んでいくのが興味深いです。

参考文献: Sergey Ryazansky’s Tweet
ウェブ地球儀で地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH

【宇宙からの地球絶景】【動画】No.408: キューポラからの地球

ランディ・ブレズニク宇宙飛行士がISSのキューポラから撮影した地球です。動画を最大化して見ていると、宇宙船の窓から地球を見ている没入感が出てきます。

キューポラは、欧州宇宙機関ESAが建造したISSの観測用モジュールです。直径約2m、高さ約1.5m、横窓が6枚と天窓があり、それぞれの窓には流星塵やスペースデブリによる損傷を防ぐための開閉式のシャッターが取り付けられています。また、熱制御システム、音声端末装置、電力供給端末、ビデオインタフェース、MIL-STD-1553バスインターフェイスを持ち、宇宙飛行士がロボット操作やドッキングした宇宙船を直接見ることが可能になり、壮観な地球観測所にもなります。

参考文献: Randy Bresnik’s Tweet
ウェブ地球儀で地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH