「Indonesia」タグアーカイブ

【宇宙からの地球絶景】No.394: インドネシアのタンボラ山🇮🇩

大西卓哉宇宙飛行士がISSから撮影したインドネシアのタンボラ山です。

Credit: Takuya Onishi, JAXA, NASA

タンボラ山はインドネシア中南部、スンバワ島にある成層火山です。島の北側に突き出たサンガル半島の大部分を占めており、標高2,851mで、山頂には直径約6km、深さ約600mのカルデラがあります。1815年の大噴火は、過去2世紀に世界で記録されたもののうち最大規模でした。

地上の様子はこちらです。

Credit: Wikipedia

参考文献: Takuya Onishi’s Post
ウェブ地球儀で地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH

【宇宙からの地球絶景】No.365: バリ島🇮🇩

ランディ・ブレズニク宇宙飛行士がISSから撮影したインドネシアのバリ島です。首都ジャカルタがあるジャワ島のすぐ東側に位置し、周辺の諸島と共にバリ州を構成しています。

Randy Bresnik, NASA

バリ島の地域社会では、バリ・ヒンドゥーに基づく独特な慣習様式(アダット)に従った生活が営まれており、オランダ植民地化以後も近代行政(ディナス)と併存するかたちで続いています。バリの村落の大半は農村であり、水耕農作が中心です。とりわけ、棚田で知られるバリ島中南部の斜面一帯では、年間を通じて安定した水の供給がなされ、二期作から三期作が可能となっています。このように、島南部を中心として土地が肥沃であったことから、昔からバリの人々は余裕を持った生活を送ることができたので、農民は朝夕それぞれ2、3時間働くと、その日の残りは絵画、彫刻、音楽、ダンスなどの創作活動に当てるなど、美術・芸術活動にも勤しんでいました。

地上の様子はこちらです。

Credit: Wikipedia

参考文献: Randy Bresnik’s Tweet
ウェブ地球儀で地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH

【宇宙からの地球絶景】No.258: インドネシアのジャワ島🇮🇩

NASAの地球観測衛星Suomi NPPが撮影した、インドネシアのジャワ島です。

Credit: NASA

ジャワ島はユーラシアプレートにインド・オーストラリアプレートがもぐりこむプレート境界の傍に位置するため、地震多発地帯であり、火山も多いです。画像では、日中に暖められた空気がバレーウィンド(谷風)によって火山地帯に沿って上昇し、冷やされ、雲が形成されています。

インドネシアは5,110kmと東西に非常に長く、赤道にまたがる1万3,466もの大小の島により構成される、世界最多の島嶼を抱える国です。また、人口は2億6,000万人を超える世界第4位の規模であり、また世界最大のイスラム人口国としても知られています。

ジャワ島の地上の火山の様子はこちらです。

Credit: Wikipedia

参考文献: Valley Winds Make Mountain Clouds
ウェブ地球儀で地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH