「Indonesia」タグアーカイブ

【宇宙からの地球絶景】No.525: インドネシアから日本へ🇮🇩🇵🇭🇯🇵

リッキー・アーノルド宇宙飛行士がISSから撮影した東南アジアを北上する動画です。インドネシアの首都ジャカルタからはじまり、次に見えるのはフィリピンの首都マニラ、最後は日本列島が見えてきます。

参考文献: Ricky Arnold’s Tweet
ウェブ地球儀で地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH

【宇宙からの地球絶景】No.482: インドネシア🇮🇩

Selamat pagi! リッキーアーノルド宇宙飛行士がISSから撮影したインドネシアのジャワ島、バリ島、ロンボク島です。バリ島とロンボク島の間にはウォレス線が通っています。

Credit: Ricky Arnold, NASA

様々な生物の分布を見ていると、ある境界線を挟んで多くの生物が入れ替わり、かなり異なった生物相になることがあります。イギリスのアルフレッド・ウォレスが1868年、インドネシアにおける生物研究の中から、主として動物相の差をもとにその存在を主張しました。これはウォレス線と呼ばれ、スンダ列島のバリ島とロンボク島の間を通り、ボルネオ島、セレベス島の間を経て、ミンダナオ島の南へ抜けるものです。氷期には海面が下降し、東南アジア半島部からボルネオ島、バリ島までの一帯がスンダランドと呼ばれる陸続きとなっていたことが原因です。

こちらがウォレス線です。

Credit: Wikipedia

ロンボク海峡の地上の様子はこちらです。

Credit: IndoSurfLife

参考文献: Ricky Arnold’s Tweet
ウェブ地球儀で地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH

【宇宙からの地球絶景】No.394: インドネシアのタンボラ山🇮🇩

大西卓哉宇宙飛行士がISSから撮影したインドネシアのタンボラ山です。

Credit: Takuya Onishi, JAXA, NASA

タンボラ山はインドネシア中南部、スンバワ島にある成層火山です。島の北側に突き出たサンガル半島の大部分を占めており、標高2,851mで、山頂には直径約6km、深さ約600mのカルデラがあります。1815年の大噴火は、過去2世紀に世界で記録されたもののうち最大規模でした。

地上の様子はこちらです。

Credit: Wikipedia

参考文献: Takuya Onishi’s Post
ウェブ地球儀で地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH