「Lombok」タグアーカイブ

【宇宙からの地球絶景】No.482: インドネシア🇮🇩

Selamat pagi! リッキーアーノルド宇宙飛行士がISSから撮影したインドネシアのジャワ島、バリ島、ロンボク島です。バリ島とロンボク島の間にはウォレス線が通っています。

Credit: Ricky Arnold, NASA

様々な生物の分布を見ていると、ある境界線を挟んで多くの生物が入れ替わり、かなり異なった生物相になることがあります。イギリスのアルフレッド・ウォレスが1868年、インドネシアにおける生物研究の中から、主として動物相の差をもとにその存在を主張しました。これはウォレス線と呼ばれ、スンダ列島のバリ島とロンボク島の間を通り、ボルネオ島、セレベス島の間を経て、ミンダナオ島の南へ抜けるものです。氷期には海面が下降し、東南アジア半島部からボルネオ島、バリ島までの一帯がスンダランドと呼ばれる陸続きとなっていたことが原因です。

こちらがウォレス線です。

Credit: Wikipedia

ロンボク海峡の地上の様子はこちらです。

Credit: IndoSurfLife

参考文献: Ricky Arnold’s Tweet
ウェブ地球儀で地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH

【宇宙からの地球絶景】
No.164: インドネシア🇮🇩・ロンボク海峡の海洋内部波

NASAの地球観測衛星Aquaが捉えたインドネシア🇮🇩・ロンボク海峡の海洋内部波です。

Credit: NASA

内部波は複数の波層が干渉する際に発生します。ロンボク海峡の海底は複雑な形状をしており、深層流と浅層流が異なるため、このような干渉波が発生すると考えられています。

ちなみに、ロンボク海峡はロンボク島とバリ島を隔て、最も狭いところでは幅18km、水深250mです。水深が浅いマレーシア沖のマラッカ海峡を航行できない大型船の航路として重要な海峡です。地上の様子はこちらです。

Credit: The Jakarta Post

参考文献: Oceanic Nonlinear Internal Solitary Waves From the Lombok Strait
ウェブ地球儀で地球俯瞰画像を見る: LiVEARTH